もぐら退治・もぐら駆除に「モグセンサー」

もぐらの生態を知って、効果的に退治・駆除しましょう!


生態1もぐらの習性

モグラの巣は雨水の侵入が防げる場所(障害物の下、木の根、小高い丘)に作ります。この巣から餌場に向かうトンネル(本道)や餌場でのトンネル(支道)そして、逃げ込む場所の避難所を作ります。
本道は餌場を囲むように作られ、毎回この本道を通って餌場に行きます。餌場では様々な形で支道が作られ土中のミミズや昆虫の幼虫を食べます。
餌がなくなると次々に新しい支道を作りますので、餌場では新旧の支道が存在します。


生態2もぐらは肥えた土壌に発生します。

モグラは土中のミミズや昆虫の幼虫を食べて生活しています。満腹状態でも昼夜問わず餌を探しうろうろと土中を荒らします。
被害は深刻で憎い相手ではありますが、裏を返せば、モグラがいるということは、土地が肥えていて野菜、花、芝などの作付には適している土壌である事なのです。


生態3もぐらトンネルの支道と本道を見分けましょう。

支道の中でも、頻繁に使われるトンネルと、まったく使われていないトンネルも存在しますので、支道に捕獲器を仕掛けて捕獲することは、難しいと思います。捕獲の一番の近道は、常に行き来しているトンネルであります本道に仕掛けることです。
モグラにとって本道は大切な通路ですので、土が盛り上がっているトンネルを踏みつけて壊してもまたすぐに修復します。


生態4薬剤では駆除できないの?

薬剤で駆除しようとすると、土にとって大切な役割を果たしてくれるミミズも一緒に殺してしまうことになり、結果的には土がやせてしまいます。
土を大切したい方には、薬剤を使わない方法をおすすめします。モグセンサーはもぐらを串刺しにして捕獲、ソーラーモグラーはもぐらを寄せ付けないようにするため、どちらも薬剤を使わない、土に優しいもぐら対策です。


生態5一つの餌場にもぐらは何匹?

縄張りの範囲は餌場の量と大きく関係しています。通常ひとつの餌場に対して一匹ですが、餌の豊富な所では2〜3匹住んでいるところもあります。
モグラは冬眠しませんので捕獲は年間通して出来ます。


生態6もぐらは臭いに敏感って本当?

もぐらは臭いには敏感です。
モグセンサーソーラーモグラーを設置する時は手袋を着用し、本体には油、洗剤、化粧品、タバコなど臭いのするもので触らないでください。
特に土中に潜る部分には、絶対に臭いを付けないでください。


MS-7 モグセンサー
MS-7 もぐら退治、駆除 モグセンサー
販売価格:36,720円⇒33,480(税込/送料無料)
カートに入れる

>>> 商品の返品・交換について
■製品仕様■

寸  法 全長190×全幅130×全高530mm
重  量 3.9kg
材  質 18-8ステンレス(要部)
使用電池 9V角型電池
電池持時間 1シーズン程度

※電池はお客様でお買い求めください。

KRY-EG005 ソーラーモグラーEX

KRY-EG003 もぐら駆除にソーラーモグラー
KRY-EG003 もぐら駆除にソーラーモグラー
販売価格:6,480(税込/送料無料)
カートに入れる


>>> 商品の返品・交換について

■製品仕様■
ソーラーパネル素子 アモルファスシリコン
システム電圧 DC 1.2V
ソーラー定格電圧/容量 3.0V/40mA
音波有効範囲 約324平方メートル
セット内容・付属品 Ni-Mh ニッケル水素充電式電池
1.2V、700mAh x 1
サイズ 上部直径:155mm
全長:410mm
(パイプ長 355mm)
パイプ径:φ35mm
重 量 270g
材質・色 ABS樹脂(グリーン)

※屋外使用を目的とした設計ですが、深く埋め込みすぎて地面が水没したときに、パイプから水が浸入したりパネル部が水没すると壊れますのでご注意ください。

※モグラ排除器ソーラーモグラーは、モグラが嫌がる低周波音を24時間発生させますが、モグラが完全にいなくなることを保証するものではありません。モグラの種類、周囲の状況によっては、モグラが現れることもあります。



もぐら退治・駆除にモグセンサー

もぐら退治・駆除される方へ
もぐら対策で悩んでいる方へ
もぐらの生態を知りたい方へ


商品ラインナップ

もぐら退治に効果絶大「モグセンサー」
価格:33,480円(送料無料)
低周波でもぐら撃退「ソーラーモグラー」
価格:6,480円(送料無料)

お買い物ガイド

カートの中身を確認するベリサイン
ショッピング用サーバはベリサインのセキュア・サーバIDを取得しています。
ご購入情報はSSL暗号化通信により保護されます。安心してショッピングをお楽しみください。